Wiseでお得に海外送金をする方法!

こんにちは!みきお(@mikeaustralia1)です。

最近、日本からオーストラリアドルへ換金するにはどのサービスを利用した方が良いですか?

というお問い合わせが多いため、今回は便利なWiseというサービスをご紹介したいと思います!

僕もオーストラリアでワーキングホリデー中に稼いだお金を日本の銀行口座に送金するために、このWiseというサービスを使っていました。非常に便利なので、是非使っていただきたいです!

 

Wiseとは何か

Wise(旧名:Transfer Wise)は海外送金サービスのことで、例えば日本円を海外の銀行口座に送りたい時に使用します。

メリットを簡潔にお伝えしていきます!

手数料の安さ

 

通常、お手持ちの口座から海外口座へ送金する際にはいくつかの手数料が課されるため、送金手数料が高くなってしまいます。

送金手数料

 

中継銀行手数料

 

銀行独自の為替レート

 

しかし、Wiseは送金元の国のWise口座に入金した分だけ、送金先の国にあるWise口座から送金が行われるため、中継銀行手数料が発生しません。(他社との送金手数料を比較する

また、そのような仕組みのため、送金額も実際の為替レートに基づいて行われます。

以上のことから、Wiseでは安い送金手数料を実現しています。

もっと詳しく知りたい方はWiseの公式ブログをご覧ください。

 

手軽さ

Wiseでは登録後、アプリから簡単に送金することができます。

送金手順

①送金したい金額を入力

 

②送金先を指定

 

③Wise口座へ入金

 

④入金が確認出来たら、Wise口座から海外の銀行口座に送金

わずか4つのステップをアプリで完結させることができます。
Wise口座に残高があれば、④の送金だけで終わります。

ちなみに、日本の口座から海外送金をする場合には、以下のような書類が必要になります。
(例:みずほ銀行から海外送金をする場合)

①通帳

②本人確認証及びマイナンバーカード(もしくは通知カード)

③送金する理由を証明する書類
(例:海外留学費用の請求書)

④原資を確認できる書類
(例:給与明細等)

⑤受取人との関係を証明できるもの

これを毎回やらないといけないので、銀行から送金するメリットはほとんどないのかなと思います。

圧倒的な入金・送金の早さ

左の画像で日本の銀行口座からWise口座へ入金したのが3月14日、そして実際に海外口座への送金も同日に行われています。

一応、Wise口座から送金先に届くまでは数日かかる可能性があります。

と出てきますが、実際は数時間の間に行われました!(土日を挟んだ場合は月曜日に着金となる場合もあります。)

また、公式では急ぎの方はデビッドカード・クレジットカードをおすすめしていますが、

銀行振り込みの方が手数料は安いし、こんな感じで爆速で送金が行われます。

これまで何度もWiseで送金してきましたが、ほとんどが数時間以内で送金されました。

Wise口座への入金方法

フォローワーさんからWiseの送金方法についてご相談があったので、その時のやり取りを公開します。(※この方には事前に掲載許可をいただいております。)

既にWiseに登録済みであることを前提にお話を進めさせていただきますので、登録がまだお済でない方は、こちらから登録を行ってください!

登録方法については、こちらから

 

アプリを起動後、入金したい通貨を選択します。この場合、オーストラリアドルを選択します。

 

追加をタップ

 

別の入金方法で資金をチャージする

 

入金したい金額を入力して、続行をタップ
(※通常は続行ボタンは緑です。灰色の場合は送金できませんがこの場合の解決方法は後ほどご案内します。)

続行ボタンが有効でない場合は?

 

その後、振り込み口座などの情報が画面に表示されますので、送金元の口座からアプリ等でWiseの口座に入金します。

下の画像はWise口座に入金が完了した後のものになります。

 

アプリのトップ画面から、資金の追加を確認することができます。

続行がタップできない場合は?

ご相談をいただいた方の場合、転出届を出した日=マイナンバーカード返却という扱いになっていたため、Wise登録時に提出したマイナンバーカードが有効ではないとWise側で判断されたのが原因でした。

その後、役所でマイナンバーカードの返却の文字を消去→Wiseにマイナンバーカード再提出したことで、続行がタップできない事象が解消されたようです。

何か困ったことがあれば、Wiseのサポートセンターまでお問い合わせください。

 

Wise口座から海外口座への送金方法

Wise口座への入金が終わったら、次はWise口座から実際の銀行口座へ振り込みを行います。
(※ここからは僕のWiseの画面になります。英語表記になっていますが、ボタンの位置や操作は変わることありません。)

画面中央下部のSendをタップします。日本語だと送金になっているはずです。

 

送金したい金額を入力し、Continueをタップします。
画面中央のGuaranteed rateから為替レート変動の遷移、現在の為替レートを確認することができます。

 

送金したい銀行口座のアカウントをYour accountから選択します。

 

 

 

送金する理由を選択し、Submitをタップします。
僕は基本的に生活費の送金を行っているので、General monthly living expensesを選択しています。

 

 

続いて、振り込み方法を選択します。

 

最後に実際に送金を行います。

これにて、送金作業は終了です!

 

以上で送金は終了です。

着金すると、メールやアプリで通知が来るようになっています。

Wiseの登録方法

こちらのリンクから登録手続きを進めることができます。

登録にはスマートフォンを使う必要があります。

また、登録前に用意しておく書類がいくつかあります。

・顔写真付きの身分証明書

 

・マイナンバーカード

 

・ご自身がお持ちの口座情報

登録方法は公式で分かりやすい解説がでています。

まとめ

これから海外へ出る人には必ずと言っても良いほど持っておきたいWiseのご紹介でした!

事前に現地通貨をWiseの口座に入金しておけば、現地の銀行口座を持っていなくても自由にお金を引き出すことができます。
クレジットカードではないので、使い過ぎの防止にもなるはずですので、是非お勧めしたいです。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA